燃えろ!!!KTCスノボ温泉卓球合宿@1/18~20in戸狩温泉スキー場

KTCの活動履歴

みなさんお久しぶりです。KTC幹部兼HP運営・広報担当の宍戸です。2019年もあっという間に一ヶ月が過ぎましたね!いかがお過ごしでしょうか?

先日、1月18〜20日にかけて、KTCメンバーで長野県にある戸狩温泉スキー場(以下、戸狩)にスノボーをやりに行ってきました!いつもはみんなで楽しくテニスをしていますが、たまには気分転換で他のスポーツもしてリフレッシュすること、よりチームワークを深めることを目的として行われた今回の合宿。メンバー一同、KTCらしく熱く楽しい3日間を過ごしました!今回はその様子をお届けします!

今回参加したメンバーは、川田・宍戸・田中・細井・坂東・中島の6人です。KTC合宿に参加したメンバーの詳細はこちら

▷KTCについてはこちら:社会人テニスサークルKTCについて見る

初日

KTC テニス 合宿 

初日は金曜日という事もあり、23時に新宿発の夜行バスに乗って戸狩へ向かうプランでした。そのため、21時30分頃に新宿駅西口に集合して、みんなで日高屋でご飯を食べて力を蓄えました。メンバーの川田がインフルエンザの疑惑がありマスクを着用して来たため、メンバー一同不穏な雰囲気が流れましたが、さすがはKTCメンバー、持ち前のポジティブ精神を発揮して、日高屋では合宿の意気込みや、それぞれの近況報告をしながら楽しい時間を過ごしました。

22時30分頃に日高屋を後にして、夜行バスを有意義に過ごすためにコンビニで飲み物やお菓子、インフルエンザ予防のマスクなどを調達しました。

この時期は冬休みシーズンという事もあり、バス乗り場にはウォーキングデッドのゾンビ並みに大勢の大学生がいました。しかしそこはさすがのKTCメンバー、大勢の人々がいる中でも圧倒的な存在感を見せ、無事にはぐれる事なく戸狩行きのバスにたどり着く事ができました。そうこうしているうちに、23時に戸狩に向かってバスは出発しました。

バスの中

KTC テニス 合宿 

メンバー一同バスに着席し、バスガイドさんからバスの利用方法やサービスエリアに寄る時間などの説明を受けました。周りの人々は興奮からか騒いでいましたが、さすがはKTCメンバー、真剣にバスガイドさんの説明に耳を傾けるばかりか、シートベルトの着用を促される前から自主的にシートベルトを締めていました。KTCの代表という自覚や、大人としての振る舞いがしっかりできていました。育ちの良さが出ていますね!

その後は、サービスエリアでの休憩をちょくちょく挟みながら、バスはおよそ8時間かけて戸狩に向かって進んで行きました。

しかし、KTCのあるメンバーにアクシデントが襲いました。合宿を楽しみにする余り、メンバーの田中が鼻血を出してしまったのです。バスの中は電気を消灯していたということもあり、田中は慌てていましたが、そんな田中をよそに、隣に座っていた宍戸が冷静にティッシュを差し出したり声を掛けるなどの手当を施し、無事にこのアクシデントを乗り切りました。宍戸のファインプレーのおかげもあり、この緊急事態にもしっかり対応できました。KTCの日頃のチームワークの良さが垣間みれた瞬間でした。

2日目・戸狩着

KTC テニス 合宿 

バスでの困難を乗り越えた我々KTCメンバーは、いよいよ目的地である戸狩に着きました。さすがは1月の戸狩、景色一面に真っ白な雪が広がっており、体の芯まで凍えるような寒さでした。この日を待ちわびていたメンバーは内心大はしゃぎでしたが、1日のスケジュールを再確認したり、宿の場所を地図で確認したりと冷静さを保っていました。

宿に着弾

KTC テニス 合宿 

無事に宿に着き、受付を済ませて荷物を置き、ゲレンデに行く準備をしました。今回KTCメンバーが宿泊したのは、「ヴィレッジイン西山」です。バス停から徒歩5分くらいで、近くにスーパーや温泉もあり、朝食・夕食もほどほどにおいしかったです。部屋に関しても、6人で過ごすには可もなく不可もなく、特に際立ったルームサービスもなく自由に過ごすには最適な場所でした。

ここで記念撮影をしました。みんな楽しそうな表情をしていますね!目がギラギラしています。

いよいよスノボー開始

KTC テニス 合宿 

宿に荷物を置き着替えを済ませた後、午前9時にゲレンデに着きました。ここから夕方まで滑り倒します。KTCメンバーそれぞれ自慢のウェアーとボードを披露しました。みんなの個性がひかり、センスが溢れていますね!

リフトに乗って頂上を目指しました。さあ、いよいよです!

KTC テニス 合宿 

リフトを降り、それぞれ準備が完了したので滑り始めました。ほとんどのメンバーが今シーズン初滑りということもあり、緊張からか少しぎこちない様子でしたが、ここでチームのムードメーカー宍戸が魅せます。

腰が引けているメンバーをよそに、出会い頭から獲物を狙うハヤブサの如く猛スピードで下り、そして大胆に転倒しました。その様子を見て、ぎこちなかったメンバーも大爆笑し、少しずつ自分たちの滑りをすることができました。

チームのパフォーマンス力の向上のために、率先して笑いを取りにいける宍戸のキャラクターは、KTCにとって唯一無二の存在であり、みんなからも愛されています。さすが!

その後も、スノボーが得意な坂東が率先してメンバーを率いてくれ、楽しく滑る事ができました。

お昼ごはん

KTC テニス 合宿 

午前中休憩なしで滑り倒したメンバーは、おなかが空いたため12時ごろに昼食をとる事にしました。それぞれ大好きなラーメンやカレーをほおばりながら、他愛もない話しをして盛り上がりました。

ツアーのパッケージの中にお昼ごはんの食券がついていたため、メンバーは現金を出す事なくスマートに食事を注文しましたが、使える金額がわずかに余ったため、戸狩名物の1つでもあるリンゴ豚まんを1つ購入して、じゃんけんで誰が食べる事ができるかを決めました。

6人でじゃんけんをして、宍戸・細井・坂東がグーを出し、川田・田中・中島がチョキを出しました。その結果、グーを出した宍戸・細井・坂東による決勝戦が行われる事となりました。負けた3人のメンバーを見てわかるように、日頃の行いの悪さが伺えますね!

その後は大接戦を経て、細井・坂東が見事勝利を収めました。とてもおいしかったようなので、戸狩に行った際にはぜひ一度ご賞味ください。

スノボー再開

お昼休憩を終えて英気を養ったメンバーは、再びゲレンデへ繰り出しました。午前同様、坂東を中心にみんなで我を忘れて滑り倒しました。

KTC テニス 合宿 

みんながルールと秩序を守りながら楽しく滑っていましたが、少し目を離した隙に、ちょっとやんちゃな年下メンバーの中島がコースを外れて雪がモフモフなゾーンに侵入してしまいました。新雪のためなかなか抜け出す事ができず、中島はとても焦っていましたが、他のメンバーの声援に後押しされ、ほふく前進をすることによってついに脱出する事ができました。中島が元自衛隊という事実が本当であったということが証明された瞬間でした。

このように、他のメンバーがピンチな局面に陥ってしまった時も、見捨てる事なく、目の前の課題をどうやって対処すべきかを冷静に判断できるKTCの優秀な一面を垣間みれた瞬間でした!

そんなこんなでみんなで楽しく滑っていましたが、気がつけばあたりは少し薄暗くなってきたため、我々は1日目の滑りを終える事にしました。

温泉タイム〜夕飯

たくさん滑り、たくさん汗をかいたメンバーは、一度宿に戻り着替えを済ませて温泉に向かいました。辺り一面雪景色の中でみんなで露天風呂に浸かりながら、他愛もない話しをして1日の疲れを取りました。

温泉から出たメンバーは、SEVENTEENアイスをかけて男気じゃんけんをすることにしました。勝負事には常に真剣なKTCメンバーは、闘志をむき出しにしながら1個150円くらいのアイスをかけてじゃんけんをしました。一人ひとり脱落していく中、最終的に、宍戸・川田による頂上決戦となりました。2人ともKTC設立メンバーという事もあり、なんとしてもみんなにアイスをおごってあげたいという思いから、勝負は長引きました。その結果、川田が見事勝ちを収めてみんなにアイスを奢りました。1,000円でみんなの喜ぶ顔がみれて、川田はとても幸せそうな表情をしており、KTCに対する愛情が垣間みれた瞬間でした。

温泉で疲れを癒したメンバーは、宿に戻り夕食を食べる事にしました。夕食は、戸狩名物の1つでもあるみゆきポーク入り戸狩鍋を始めとした和食料理でした。お腹が空いていたメンバーは、今日一日の感想を言い合いながらあっという間に完食しました。

飲み会〜人狼ゲーム

KTC テニス 合宿 

空腹を満たしたメンバーは、旅行の醍醐味の1つでもある飲み会をすることにしました。そこで、誰が買い出しに行くのかを決めるために「燃えろ!!!キノコの山一発キャッチゲーム」*1を行いました。順番は、宍戸→坂東→田中→中島→川田でした。先発の宍戸と次発の坂東が一発で成功させる勝負強さを見せる中、残りの田中・中島・川田は次々と失敗したため、その時点で3人が買い出しにいくはずでしたが、川田のわがままによりゲームは仕切り直しに、その結果、紆余曲折しながらも、買い出しにいくメンバーは川田・宍戸・中島の3人に決定しました。本来、一発で成功させ買い出しに行く必要のなかった宍戸は、内心悔しい感情を抱いていましたが、大人な対応を見せ買い出しに同行する事になりました。

買い出しは、とても元気なおばあちゃんが1人でお店を切り盛りしている仲屋商店に行きました。商品がたくさんある中で、ビールや鏡月、おつまみ、紙コップなどを厳選して調達しました。レジでは、おばあちゃんと世間話をしたりして盛り上がり、また来年も戸狩にくるという熱い約束を交わしお店を後にしました。

おばあちゃんとの会話でほっこりした気持ちになりながら宿に戻った川田・宍戸・中島の3人は、部屋に入った瞬間目の前の光景に愕然としました。なんと、残りの3人はすでに就寝していたのです。そんな状況の中、やり切れない気持ちになった買い出しメンバーは、寝ているメンバーを豆腐を小皿に移すかのような優しさで起こすことに成功し、無事にみんなで飲み会を開始しました。合宿という環境や、お酒が入っていたという事もあり、仕事や恋愛、過去の話し、趣味の話しなどマシンガンのように話し倒しました。

一段落したところで、みんなでゲームをしようということになり、人狼ゲームをやることになりました。人狼ゲームはとても盛り上がり、気がつけば夜中の3時まで熱中していました。論理的思考が出来る宍戸・細井・坂東が躍動する中、感覚派の川田・田中・中島も必死に下手な嘘をつきながらくらいついていました。いくつになっても学生気分でゲームで盛り上がれる、そんなKTCメンバーの心の若さがにじみ出た夜でした。

*1 「燃えろ!!!キノコの山一発キャッチゲーム」:細井がキノコの山を空中に投げ、それを手を使わずに一発で口でキャッチするというゲーム

3日目・スノボ〜帰宅

KTC テニス 合宿 

この日は朝8時から朝食だったため、メンバーは7時30分くらいから徐々に起きだしました。朝食を取った後、みんなでゲレンデに向かうはずだったのですが、ここで川田・宍戸にアクシデントが襲います。なんと、前日にみんなを盛り上げようと体を張ったパフォーマンスをした際に、怪我をしていたのです。2日目に川田・宍戸は怪我を隠しながらスノボーをしていたということになります。そのため、川田・宍戸は最終日に滑る事ができなく、部屋でみんなの荷物番をしていました。盛り上げるためとはいえ、最悪救急車にお世話になるくらいの大きな怪我と紙一重な危険なプレーをしてしまい、みんなに迷惑をかけてしまったことを2人で後悔し、目に涙を浮かべながら反省した事を今でも鮮明に覚えています。川田・宍戸の弱さがでました。

とはいえ、いつまでもうじうじしてられません。みんなの荷物をまとめた後、ゲレンデに向かいみんなで合流する予定のレストランに前乗りし、人数分の席を温めておきました。言葉にはしませんでしたが、これは2人のせめてもの償いでした。そうこうしているうちにみんな合流し昼食をとりました。ここでもそれぞれ大好きなラーメンやカレーをほおばりながら、前日の余韻もあり、スマホアプリで人狼ゲームのオンライン対戦をしながら時間をつぶしました。

帰りのバス〜それぞれの帰路

身支度を終え、いよいよ戸狩に別れを告げて新宿に戻るバスに乗車する時間になりました。バスの中では、それぞれが戸狩で作ったたくさんの思い出を振り返ったり、社会人になりなかなか時間が取れない中で、貴重な休日に集まって騒げる最高の仲間であるKTCメンバーへの感謝の想いを胸にしまい、涙を流すのを必死にこらえるかのように人狼ゲームに熱中しました。そうこうしているうちに、バスはサービスエリアに寄りながらも無事に新宿に着きました。それぞれ荷物を手に取り、お別れのメンバーたちと熱い抱擁をかわし帰路に向かいました。

今回の合宿に参加したメンバーからの感想

川田

今回の「燃えろ!!!KTCスノボ温泉卓球合宿」を通じて、KTCのメンバーの仲がより深まったと思います。今回、僕がこの合宿をやろうと思った理由は、メンバーは普段から仲がいいのですが、このような合宿を通じてメンバー同士がもっとお互いを知るいいきっかけが欲しいと思っていたためです。その目的を果たす事が出来て、今後のKTCの活動も今まで以上に盛り上がると思います。

宍戸

最初に川田からこの合宿をやりたいという話しを聞いたときは正直、ほんとに大丈夫だろうか、、、という思いもありましたが、結果としてやってよかったと思います。この合宿を通じて、メンバーの知らなかった一面などを知る事が出来ました。合宿後、川田のインフルエンザがうつりましたが、今後もKTCを楽しくみんなが居心地のいい場所に出来るように頑張ろうと思えました。

田中

スノボ本当に楽しかった。このメンバーで行ったからこその楽しさだと思うし、KTCのことをもっと好きになりました。今度は卓球だ!

終わりに

今回の「燃えろ!!!KTCスノボ温泉卓球大会合宿」では、今まで以上にメンバーの仲が深まったように思えます。これからも今いる約15名のメンバーでKTCを盛り上げていこうと思っていますが、こんなKTCメンバーと共に熱く楽しくテニスをしたいという方がいましたら、ぜひ一度練習に参加してみてください!

コメント